<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新国バレエ「ロメオとジュリエット」:無駄な死を積み上げた果て

新国立劇場バレエ団「ロメオとジュリエット」行ってきました。
ロメジュリもといロミジュリのキャストは小野絢子さんとデニス・マトヴィエンコ。
ちょっと仕事モードがにわかサラリーマンのようになってて、さらに3週連続で休日出勤が続いてストレス気味だったものですから、今回平日休みをもらって参戦しましたが。
本当に行ってよかった!
見られてよかった…!

もうとにかくまずは小野さんの素晴らしい演技力に感動でした。
彼女の踊りは「くるみ割り」とか、何回か見ているはずなんだけど、こんなに素晴らしいとは気づかなかったというか思わなかったというか。
すいません、私が不勉強だったか…。
小野さんはこのほどプリンシパルに昇格したそうですから、ここへ来て実力が鮮やかに開花してきたのでしょうか。

乳母にまとわりつき、結婚よりもお人形で遊ぶほうが好きだった、ほんとに少女のジュリエットがロメオと出会い、恋を知り、一人の女性もとい人間として、まっすぐ激しく自身の想いを貫き通して生き抜いた姿が、本当に胸を打ちます。
鮮烈な、一瞬の、でも永遠の閃光のようなジュリエット…素晴らしいです。
マクミランのロミジュリは何度も見ていますが、これほどまた新鮮に、新たに感動を呼び起こしてくれた小野さんの力量に、ただただ感服しました。

1幕からロミオ、マキューシオ、ベンヴォーリオのやんちゃ坊主3人組の掛け合いに、ティボルトも交わってのチャンバラ。
モンタギューVSキャピュレットの争いに介した大公が積み上げる死体の山が衝撃的です。
ホントに人間を積みあげるから、インパクトが半端じゃない。
本当に、「無駄な死」です。

そしてこの話はその「無駄な死」の積み重ねによる悲劇なのだと、改めて気づかされるのです。

「無駄な死」の積み重ねを憂いたロレンス神父は、ロミジュリ二人に両家和解の希望を託して、二人を結婚させますが。

しかし続くマキューシオVSティボルトの、マキューシオの「無駄な死」。
そして友人の死に逆上したロミオVSティボルトの、今度はティボルトの「無駄な死」。

ロミオが追放され、婚約者パリスとの結婚をガンと拒むジュリエットの、この意志の強さ。
ここ、パリスも演者・演出によっては「私はいつまでも待ちます」的な、ちょっと気の毒な男になるんですが、今回のパリスはジュリエットに拒まれ「話が違うじゃないか」と父ちゃんに詰め寄るパリス。
ホントにジュリエットが好きなのか、名声が好きなのか、と思わせられるパリスで、ロミオと対照的なところがより、ストーリーに深みを持たせてくれます。

そして仮死となる薬を飲むジュリエット。
「仮死」なのですよね、あくまでも。
純粋な想いと、自身を貫くためのものであり、ゆえに「仮死」であり「死」ではないのです。

でも結局ロレンス神父の手紙はロミオには届かず、ロミオの服毒による「死」は、ティボルトを殺し、墓場で悲しみにくれるパリスをも殺める「無駄な死」の報いであり、連鎖のようです。

「仮死」だったジュリエットも、自身の真実を貫くためには、もはやその「無駄な死」の連鎖に加わるしかなかった…。
ジュリエットの健気さ、一途さ、純粋さが鮮烈なだけに、「無駄な死」が一層愚かしく、虚しく感じられます。

…とまあ、これだけのことを考えさせ、感じさせてくれた小野さんはじめ、マトヴィエンコやマキューシオの八幡君、ベンヴォーリオの芳賀君、そして眼力で人を殺めそうなティボルトを演じたマイレン、新国の皆様。
本当に見応えのある舞台でした。

新国、やっぱりビントレー氏を迎えて、すごく飛躍した気がします。
秋の新作「パゴダの王子」も主演は小野さん。
これは必見だ!
[PR]

by kababon_s | 2011-06-30 23:05 | 新国立劇場バレエ

旅行関係でニュース2つ:牡蠣と世界遺産

●アルカッションの牡蠣は仙台牡蠣を救うか

以前フランスのアルカッションを訪れたときのブログ(http://kababon.exblog.jp/12338444/)で、アルカッションの稚牡蠣は仙台から取り寄せたものだという話を書きました。
フランスの牡蠣の70%はアルカッション産ですから、つまりフランスで流通しているフランス産牡蠣の7割は、仙台牡蠣の子孫なわけです。

ちょうど訪仏したときがあの震災の2週間後だったので、「仙台の牡蠣の被害いかんによってはフランスから里帰りさせればいいじゃないか」という話をしていたんですが。

実際、フランスが仙台に援助の手を差し伸べているようですよ。
すごいすごい!

レポート1 http://ameblo.jp/311-2011/entry-10934227613.html
レポート2 http://ameblo.jp/311-2011/entry-10935874649.html
レポート3 http://ameblo.jp/311-2011/entry-10937276108.html

その名も「France Okaeshi Project(フランスお返しプロジェクト)」。

つまり、アルカッションの牡蠣が何故か死滅した際、援助してくれた仙台にお返ししようというものだとか。

三陸牡蠣は母貝も養殖資材もすべて流され、何も無い状態だという。
そこにフランスは稚牡蠣を送ってくれようとしてるが、フランスと日本は養殖方法が違うため、フランスが提供しようとしてくれる資材では日本ではムリなのだとか。
それでも日本の要望を聞きながら、それに近い資材を集めようとしてくれているようだ。
なんかもう、本当に人と人って助け合い。

稚牡蠣を海に沈めるリミットは7月15日なのだそうだ。
間に合うのか??

なんかマジで時間作って取材したいネタだわ。


●新たに「世界遺産」2つ

小笠原諸島と平泉が世界遺産に登録されました。
国立西洋美術館を含むル・コルビュジェは見送りになりましたが、ともかく特に平泉はリベンジに加え、被災地支援というか、地元の励みになることがなにより大きい。

実は仏教って世界三大宗教と言われるけれど、インドはもとより、シルクロードを経た大陸の国々では極めて少数派だし、殊に大乗仏教が生活にきちんと根付いて残っているのは日本くらいなんですよね。
さすがシルクロードの東の果て、というべきか。
中国もいないわけじゃないけど、文革を経ているから、純粋に宗教として考えると、どうなのだろうと思うし。
そういう意味では、日本の大乗仏教は神道とミックスとはいえども、かなりしっかり、伝統的に残ってると思う。
韓国は儒教と、意外とキリスト教が強いしな。
タイやミャンマー、スリランカは小乗仏教で、大分ヒンズー教の影響も入っちゃってるし。

だから日本の仏教史跡って、すごく貴重だと思うのですよ。
日本にいるとあまりに普通にあるから、うっかりしちゃいそうだけど。
ゆえに日本の仏教史跡はもっと登録されてもいいのではないかと思います。
まあその稀少性とか特徴を西洋人に分からせるのは、すごく骨が折れると思いますけど。

小笠原は極めて順当というか、ホントにそれだけの価値があると思います。
なんでもっと早くならなかったのかな??と思うくらいです。

で。
実はその数日前に「屋久島の立ち入り制限案が町議会で否決」というニュースを聞いて、がっくりというか、なんだかなぁ…という気持ちになっていたとこでした。
以下ニュースの引用。

世界自然遺産にも登録されている島の自然を守る趣旨に異論は出なかったが、観光業への影響を考慮すべきだとの意見が多かった。

…というのが否決の理由だが、観光業のことを考えるなら、なおさら立ち入り制限はある程度設けるべきなのであります。
すでに南米のガラパゴス諸島は環境破壊の危機にあり、その立て直しを図るために立ち入り制限を設けているわけだが、その二の舞になっちゃいかんだろうが。

屋久島は自然遺産。
壊れたらおいそれと修復などできないのである。
「今」の観光業(でっかいホテルとか造っちまったから、稼動させねばならないのだろうが)に捕われ、子の代、孫の代には残せない…なんてことになったら、それこそ大損失だ。
世界遺産である以上、世界に対する犯罪でもある。
…って言ってて原発のことを思い出してしまいましたが。
やっぱり子の代、孫の代まで残せない「開発」は、賢くない。

そんなわけで、特にこれから小笠原がどのような観光モデルを作っていくのか非常に気になるところです。
東洋のガラパゴスが「環境破壊の危機」なんて、本家ガラパゴスの後追いなどしませんように。
景観破壊に繋がる無粋な箱ホテルが乱立したら大変だ。
この辺については詳しい人達がたくさん周りにいるので聞いてみようと思います。
[PR]

by kababon_s | 2011-06-29 01:11 | Travel/City

未曽有の年の誕生日と「日本の友達」

一生忘れられない年の誕生日です。
メールとかメッセージとか妙にたくさん入ってきて、幸せ者ですv
どうもありがとう♪

自分が生きている間にこんなことが起こるとは思わなかったなぁ。
言えるのはただ、「頭を上げて行こう」ということか。

そのための日々の癒し・憩いにバレエや観劇、コンサート、美術展が必要だということは、あの自粛時期に思い知りました。
ホントに心のゴハンです。

でも原発事故の影響で、来日してくれる海外のアーティストのキャンセルや公演そのもののキャンセルが相次いでいるのも事実。

もちろん、キャンセルを決めたアーティストたちを非難するつもりは毛頭ない。
そういう自分だって不安を押し込めて生活しているんである。

でもその一方で、こんなふうに語ってくれる人もいる。
新国立劇場バレエ団の芸術監督で、先に来日したバーミンガム・ロイヤル・バレエ(BRB)の芸術監督でもあるデビット・ビントレー氏が、BRB公演に際し、英国に発信してくれた会見の一部です。
いつもお世話になっているブログから引用させていただきました)

「震災と福島の状況を巡って、来日公演をどうするのかと多方面から聞かれましたが、最初から私たちは、安全性が確保されればツアーを行うことを決意していました。多くのカンパニーが来日公演をキャンセルしており、そのことにより日本人は傷ついていました。
(中略)
震災後一日目から、日本の人々がストレスに晒されており、私たちのようなカンパニーが訪れることを求めていることを感じました。日本にとって、私たちが彼らを応援することは大事なことなのです。これは単なる定期的なツアーではなく、友情についての公演なのです」


涙なしには読めません、ビントレー氏。
またメンバーやプログラムを組み替えてでも、なにが何でも来ようとしてくれる、ルグリ様のような人がいる。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/ii-1.html
ギエムも来てくれる。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/post-355.html
急な代役にもかかわらず、快く来日してくれたマシュー・ゴールディングやゼレンスキーのような人もいる。
わずか2泊3日の来日中に「何かしたい」と、学生相手に棒を振り、チャリティーを開いてくれたケント・ナガノの熱意には頭が下がる。
国の政策も絡んでいるとは言え、それでも引っ越し公演を実現させてくれたMET、そして7月に来日するABTは正式な「来日宣言」を出してくれました。

3.11以降、「いつも皆様とともにあります」「心はあなたとともに」というメッセージはたくさん寄せられたけれど、その人の中にも来日キャンセルをしている人は少なくないし、中にはけがを理由にキャンセルしたその1週間後に別の舞台で踊っている人もいるとか(苦笑)

図らずも、「誰が本当に日本の友達か」を知ることになってしまった現実。
でもだからこそ、来てくれる「友達」には、心から感謝と敬意を表したいです。

「本当の友達」に応えることはただ一つ、可能なかぎり、舞台を見に行くこと。
もう「見る専」の出番よ(笑)
そして本当に人を感動させ、すばらしいパフォーマンスを見せてくれる芸術家というのは、人間的にも勇敢で、人の痛みのわかる、思いやりに満ちた人なんだなと、あの震災以来、とみにそう思います。

結局、国際クラスの大型興業というのは東京のような大都市でなければ成立しない。
地方公演もたまにあるけど、観客動員数は東京には全然及ばないし、プログラムの内容自体も地方公演ではオーソドックスなもの中心になってしまい、前衛的なものやあまり有名でない演目は危険度が高くて(お客が入らなくて)できない、というのが現実です。

まさに「東京」の価値は、この世界クオリティの舞台や音楽やアートが集まり、また「体感」できることだと、私的には思います。
BRBの公演を終えたあとの英国大使も「日本の観客は世界でも最も鑑賞眼が高く度量の広い観客である」と本国のメディアに語ってくれていますが、実際そんな都市はアジアのなかでもやはりまだ、東京だけだと思います。

だからこそ、私も日本で住みたいところは東京以外考えられないです。
世界レベルのハイクオリティ・ライヴの集積地だものな。
TVやネットで見たりCDで聞いたりすることも素敵だけど、ライヴという麻薬を知ってしまった以上、離れることなんてできません(笑)

だからもし、東京がダメになったら…そのときは日本を離れる時だな、とも思います。

いろいろ世界を放浪する機会に恵まれてきたけど、だからこそ胸を張って言えるのだけれど、日本は何のかんの言ってもいい国なんですよ、政治家や巨大企業がアホでも。
羊のようにおとなしい国民は、でもそれはマイナスではないのです。
こんな善良で知識レベルも高い国民がいて、治安もよく、マナーも民意も高く、世界最高の食文化を持つ国って、ないよ。
何を喰っても美味い国なんて、まず日本以外ありえないと思います。
その食も怪しいから悲しいんだけど、でもバリエーションに富んだ文化や風土とか、もうね、言い始めたら切りがない。

だから、来年は今よりよくなっていますように。
Dear ニッポン。
[PR]

by kababon_s | 2011-06-23 23:11 | Life