オリンピック2010:日本男子&フィギュアの未来は…

そろそろ頭も落ち着いてきたので男子フィギュアの感想などを(^_^;)
女子が始まる前に書いておかないと。

まずは高橋大輔の銅メダルは本当に立派!
オリンピックで男子出場枠が3というのももちろん、日本男子フィギュアで表彰台なんて日が来るとは思わなかった…!
しかも「技術は卓越しているが表現力がパネェ程弱い日本選手」と言われ続けたところに芸術点でトップという成績は、すばらしい!
バレエじゃないけど日本の男の子たちの表現力が着実に向上している証でしょう。

いやもう、当日は何も手に着かず、ただただ感涙でした。
ありがとう、大輔!!
おめでとう!!

何より大輔の褒められるところは、やはり果敢に4回転に挑んだ、ということです。

今回4回転をショート・フリーともに成功させた選手はプルシェンコとランビエールの2人だけ、というほど4回転は極端に成功率が低く、べらぼうに難易度が高い。
にもかかわらず。
現在の採点方法では、4回転の点数設定が低く、しかも失敗したときの減点は3回転の失敗よりも大きいという「??」なものなのです。
それじゃあわざわざ跳ぶ奴なんていねえよな。
プル殿が「フィギュアの後退」というのも頷ける…。

美しく跳ぶ、美しく滑る、美しく魅せるのも大切だけど、男子フィギュアはオリンピック競技であり、つまり「スポーツ」という宿命を背負っている。
やはりフィギュア選手は「アスリート」なんですよね。
スポーツである以上、「常に上の技術を目指さないでどーするよ」というのがおそらく今渦中のプルシェンコが言いたかったことなのでは。

「陸上選手が0.01秒を縮めるために日々努力しているのに、フィギュア選手がそれを目指さなくてもいいのか」

これは私の言葉じゃないですが、上手いこと言ってるし、けだし名言です。
プルシェンコが依然訴え、また大輔が「男子フィギュアの未来のためにも4回転を跳びたい」といったのはまさにそういう意味だと思います。
順位に文句を付けてるんじゃないし、私も今回の順位については「現状の採点法では」至極妥当だったと思っています。

ただこれはあくまでも私の意見ですが。
美しい「だけ」のフィギュアならアイスショーでいいんです。
バレエだったら大技に挑んで失敗するより、ワンランク下げてでも、そのかわり誰よりも優雅に、華麗に、美しくキメてほしい。
やっぱりバレエは芸術だもの。
でもやはりフィギュアはオリンピック種目である以上、氷上の芸術であると同時にスポーツなんですよね。

まぁだからこそ、あれほどの点差が生じる失敗のリスクを承知の上で、しかし果敢に4回転に挑んだ大輔の銅メダルはいろんな意味で素晴らしく価値があるものだと思いますし、だからこそ涙が止まりませんでしたよ(T_T)

またそれゆえに、今回オリンピックの魔物に取り憑かれてしまったジュベールの絶不調が残念でなりません・゚・(つД`)・゚・
彼なら4回転&芸術を含めた「男子フィギュアの未来」を示してくれそうだったし、現在わき上がっている論争にも説得力を持たせてくれたと思うのですが…。

リスクを回避して3回転にとどめた信成は、コーチがモロゾフだし、「現状ルールに則った上での」勝ちを取りに行くなら正しい判断だったのかもしれませんが。
正直3回転にとどめたときは「え――!?」という気分。
彼もまた応援していただけに…。
なんか「うぬはそれでもサムライかぁ!!!!!!」と第六天魔王こと御先祖様がお怒りになったとしか私は思えませんでしたよ、あの靴紐ブッチンは(^_^;)

そういう意味で今回「第三の男」として参戦した小塚の宮はあの度胸と言い落ち着きっぷりといい、本当に頼もしく感じました。
今回ショートもフリーも日本選手の中では一番のびのびと滑っていた。
あんな大舞台で初めて4回転を成功させるなんて只者じゃないわ。
すごく将来が、そして未来が楽しみです。

で。
今回4回転を跳ばずに1位になったライサチェクは恵まれた肢体を活かし、また「現状ルールに則った上での」最高の演技だったと思います。
実際もう本当に美しかったし、私も見入ってしまいましたから(^_^;)
ただ得点源となった3+3、あるいは3-2-2のコンボって、女子でもやる子はやるんだよね…。
あのでかい男らしい身体で、やることは女子並み…ってどうなんだ???

果たして女子と変わらない技術で、美しさを追求するのが男子フィギュアの未来なのか。
投下されたプルシェンコ爆弾は多分まだ論争を呼びそうですし、なんかプルシェンコが一人で悪役になってて気の毒な気分ですが。
フィギュアがこれからも「スポーツ」であり続けるならば、大輔が示し、小塚が実現した「4回転の未来」をぜひ繋いでほしいと思います。
もともと技術面で評価の高い日本選手が芸術性を磨けば世界と戦えるという「道」を大輔は示してくれたように思います。
日本の男の子たちも格段にスタイルが良くなって、本当にイケメン君が増えてきたし、これからの子たちなら絶対にできる!
日本男児のブランド化も近いぞ!
がんばれ、男の子!
[PR]

by kababon_s | 2010-02-23 23:51 | Sports