カテゴリ:Sports( 48 )

オリンピック2010:日本男子&フィギュアの未来は…

そろそろ頭も落ち着いてきたので男子フィギュアの感想などを(^_^;)
女子が始まる前に書いておかないと。

まずは高橋大輔の銅メダルは本当に立派!
オリンピックで男子出場枠が3というのももちろん、日本男子フィギュアで表彰台なんて日が来るとは思わなかった…!
しかも「技術は卓越しているが表現力がパネェ程弱い日本選手」と言われ続けたところに芸術点でトップという成績は、すばらしい!
バレエじゃないけど日本の男の子たちの表現力が着実に向上している証でしょう。

いやもう、当日は何も手に着かず、ただただ感涙でした。
ありがとう、大輔!!
おめでとう!!

何より大輔の褒められるところは、やはり果敢に4回転に挑んだ、ということです。

今回4回転をショート・フリーともに成功させた選手はプルシェンコとランビエールの2人だけ、というほど4回転は極端に成功率が低く、べらぼうに難易度が高い。
にもかかわらず。
現在の採点方法では、4回転の点数設定が低く、しかも失敗したときの減点は3回転の失敗よりも大きいという「??」なものなのです。
それじゃあわざわざ跳ぶ奴なんていねえよな。
プル殿が「フィギュアの後退」というのも頷ける…。

美しく跳ぶ、美しく滑る、美しく魅せるのも大切だけど、男子フィギュアはオリンピック競技であり、つまり「スポーツ」という宿命を背負っている。
やはりフィギュア選手は「アスリート」なんですよね。
スポーツである以上、「常に上の技術を目指さないでどーするよ」というのがおそらく今渦中のプルシェンコが言いたかったことなのでは。

「陸上選手が0.01秒を縮めるために日々努力しているのに、フィギュア選手がそれを目指さなくてもいいのか」

これは私の言葉じゃないですが、上手いこと言ってるし、けだし名言です。
プルシェンコが依然訴え、また大輔が「男子フィギュアの未来のためにも4回転を跳びたい」といったのはまさにそういう意味だと思います。
順位に文句を付けてるんじゃないし、私も今回の順位については「現状の採点法では」至極妥当だったと思っています。

ただこれはあくまでも私の意見ですが。
美しい「だけ」のフィギュアならアイスショーでいいんです。
バレエだったら大技に挑んで失敗するより、ワンランク下げてでも、そのかわり誰よりも優雅に、華麗に、美しくキメてほしい。
やっぱりバレエは芸術だもの。
でもやはりフィギュアはオリンピック種目である以上、氷上の芸術であると同時にスポーツなんですよね。

まぁだからこそ、あれほどの点差が生じる失敗のリスクを承知の上で、しかし果敢に4回転に挑んだ大輔の銅メダルはいろんな意味で素晴らしく価値があるものだと思いますし、だからこそ涙が止まりませんでしたよ(T_T)

またそれゆえに、今回オリンピックの魔物に取り憑かれてしまったジュベールの絶不調が残念でなりません・゚・(つД`)・゚・
彼なら4回転&芸術を含めた「男子フィギュアの未来」を示してくれそうだったし、現在わき上がっている論争にも説得力を持たせてくれたと思うのですが…。

リスクを回避して3回転にとどめた信成は、コーチがモロゾフだし、「現状ルールに則った上での」勝ちを取りに行くなら正しい判断だったのかもしれませんが。
正直3回転にとどめたときは「え――!?」という気分。
彼もまた応援していただけに…。
なんか「うぬはそれでもサムライかぁ!!!!!!」と第六天魔王こと御先祖様がお怒りになったとしか私は思えませんでしたよ、あの靴紐ブッチンは(^_^;)

そういう意味で今回「第三の男」として参戦した小塚の宮はあの度胸と言い落ち着きっぷりといい、本当に頼もしく感じました。
今回ショートもフリーも日本選手の中では一番のびのびと滑っていた。
あんな大舞台で初めて4回転を成功させるなんて只者じゃないわ。
すごく将来が、そして未来が楽しみです。

で。
今回4回転を跳ばずに1位になったライサチェクは恵まれた肢体を活かし、また「現状ルールに則った上での」最高の演技だったと思います。
実際もう本当に美しかったし、私も見入ってしまいましたから(^_^;)
ただ得点源となった3+3、あるいは3-2-2のコンボって、女子でもやる子はやるんだよね…。
あのでかい男らしい身体で、やることは女子並み…ってどうなんだ???

果たして女子と変わらない技術で、美しさを追求するのが男子フィギュアの未来なのか。
投下されたプルシェンコ爆弾は多分まだ論争を呼びそうですし、なんかプルシェンコが一人で悪役になってて気の毒な気分ですが。
フィギュアがこれからも「スポーツ」であり続けるならば、大輔が示し、小塚が実現した「4回転の未来」をぜひ繋いでほしいと思います。
もともと技術面で評価の高い日本選手が芸術性を磨けば世界と戦えるという「道」を大輔は示してくれたように思います。
日本の男の子たちも格段にスタイルが良くなって、本当にイケメン君が増えてきたし、これからの子たちなら絶対にできる!
日本男児のブランド化も近いぞ!
がんばれ、男の子!
[PR]

by kababon_s | 2010-02-23 23:51 | Sports

ACL浦和決勝前夜:15年前のバンダナに魂込める

いよいよ明日、ACLの決勝、浦和VSセパハン。
チケットが全然取れなかったので、赤い友人たちとスポーツバーでの観戦となりました。

で。
もう心は埼スタ……というときに、ふとタンスの奥から出てきた15年前のバンダナ。

そうです。
Jリーグ黎明期、初年度のレッズのバンダナです。
レッズ……というか、当時は三菱浦和レッドダイヤモンズ。
これを持って応援に行って、でも勝てなくて勝てなくて、いつしかタンスの奥に行ってしまってた。

今見ると、ダイヤの中に赤白のダイヤ。
さくら草もサッカーボールもありません。
ペナント買ったときに「地味だなぁ」と思ったことを覚えていますが、ある意味やる気なさそうなエンブレムです(苦笑)

でも。
あれから15年。
お荷物、J2落ち、1年の復帰、Mr.フクダの引退……。
良くも悪くもJの記録を造り、Jの歴史を作ってきたレッズ。

今、世界への扉が目前です。

昨年の優勝時も大泣きしましたが、今回のACLはまた別の感慨がある。
本当にあのチームがここまで来た。
世界への、トヨタカップへの扉が目前にある位置にいる……。
本当に感無量です。

こんなチャンスまたとない。
「レッズを世界に見せたい」というトゥーリオの言葉が頼もしいです。
ぜひ、扉を開いて、世界に行こう。

明日の決勝はもうレッズだけの問題じゃない。
日本サッカーの歴史の1ページです。

というわけで。
明日は15年分の想いが詰まったバンダナ持って、スポーツバーから魂送る!
[PR]

by kababon_s | 2007-11-13 23:15 | Sports

ラグビーW杯2007日本VSフィジー:悔しい…!

悔しいよもう! 本当に悔し涙が止まりません。
こんなにこぶし握って深夜にも関わらず応援したこと、あったか??ってくらいの悔しさ。
惜敗。
何故最後、あそこで蹴る……!!

勝たなきゃいけない、そしてほぼそのシナリオに近い形で進んでいた試合でした。

勝たなきゃいけなかったんです、今日は。
そのために、あの無様な、世界に大恥をさらしたオーストラリア戦があったハズなんです。

惜しいとかよくやったとか、正直そんなこと言えません。
無様なオーストラリア戦だってよくよく考えりゃこれほど相手にとって失礼な話はない。
「お前らには勝てないから、うちは最初から2軍で捨てていくから」
そう言っているようなもんでしょう。

それを、あの世界のカーワンが敢えてやったわけです。
失礼を承知で。
礼を重んじるラグビーの世界で。

それほどまでにカーワンに課せられた「日本の勝利」は重かった。
だからこそ、今日は勝たねばいけなかった。
今日フィジーに勝つことはラグビーに対する礼儀でもあったのではないでしょうか……。

惜しいです、確かに。
世界の人たちは「あの日本がフィジーに対してよくやった」と言ってくれるかもしれません。
でも、それじゃダメなんです。
確かにこれが日本の実力。
ラグビーに番狂わせなんてないんですから。
でも世界がプロに、セミプロに動いている今の時代、もう個人が勝手に楽しめばいいよ的な「井の中の蛙」的なラグビーでは、世界のカヤの外なんです、少なくともW杯クラスの選手は……。

何故……いつまでも、20年近く経っても同じことをやってるんだ日本!

ウェールズ、カナダ。
残り後2つ。
ラグビーに、世界に、カーワンに対する礼儀を、果たしてください。
頼むから。
お願いだから……!
[PR]

by kababon_s | 2007-09-13 03:44 | Sports

ラグビーW杯2007:アルゼンチンがすごかった

すいません、訂正します。
先日「フランス僅差で負けたようだ」なんていいましたが、いや、僅差じゃないよね。
ほぼ完敗。
改めてビデオじっくり見ましたが。

アルゼンチンがすごかったです!
すごい団結力に集中力!
最初からこの試合にあわせてきたような盛り上がり。
弾ける展開にロス・プーマズどころかハイエナのような密集の速さ!
キャプテン・ピショットのゲームコントロールといい、キャプテンシーといい、輝いてるじゃないか━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
しかもイケメン!
SOのエルナンデスもイケメン!
なんという萌えるハーフ!
しかも双子のFWとCTBなんて……!
萌え要素多すぎ!

ごめんなさい、フランス。
私は思わず浮気しそうです、アルゼンチンに……というくらい、チームが光り輝いていました。

フランスは開催国であり、しかも英語圏以外の国での初開催。
一身の期待を受けて動きが硬かったか?
フランスらしかったのは最初の7分だけ。
PK外しまくるし、走っても動きが重い。
アルゼンチンのハイパントに翻弄され、ボールが手に付かないような場面もしばしば……。
なんたるフラストレーション溜まる試合だ(@△@)

ハーフバックもゲームコントロールがイマイチできていなかったのか、全然存在感がない。
せっかくケガから復帰して久々に出てきたスクレラも怪我して交代……。
60分だか70分頃に怪物シャバルにミシャラク投入するも時すでに遅し……。
結果ノートライなんて……(@△@)

すっかりアルゼンチンに「美しい絵」を描かせてしまった……というか!
やっぱりアルゼンチンが本当にベストの状態で挑んできてたんですね。
「3回連続開幕試合」なんてもう、いじめられっ子の極みのようなかの国ですが。
今大会で引退を決めている30代のロートル・プーマズ。
アルゼンチン史上最強のチームだからこそのメンタリティ。
「いじめられっ子」だろうが、そんなことものともしません。

そして。
私的にはこのアルゼンチンにかつてのフランスの「シャンパンラグビー」の面影を見てしまった。
素早い密集で押し込み、FW、BK一体となって閃光走る、あの弾けるようなラグビー。
私がかつて魅了されたフランスラグビーの、あの面影……!
これだ! これだよ!っていう閃き!!

そう、ラテンのラグビーなんです。

どうもアルゼンチン、あの「強くて汚い」サッカー見てるから、悪役っぽいイメージあるんですが。
ラグビーに関しちゃ、いや少なくともあの開幕戦に関しちゃ美しかったよ!

というわけで。
すっかりアルゼンチンにも心が傾いているウワキモノ状態。
いや、フランスにはそれでも決勝トーナメントには出てもらわねば困りますが(^_^;)

でも、このフランスのいるDプール。
2位抜けは間違いなくNZと当たるんですよね……。
どうよ。
[PR]

by kababon_s | 2007-09-11 23:03 | Sports

ラグビーW杯2007:日本ラグビーの終焉か…?

先日から始まっているラグビーワールドカップ2007フランス大会。
実は私はフランスラグビーのオールドファン(^_^;)
第1回大会、輝かしき栄光の時代を挟んでフランスラグビーに燃えまくり、当地に留学という名目で赴き、ラグビー見まくった記憶がございます。

なもんで、今年の大会はフランス開催だけあって、気にはしていたのですが。
まあ、フランスが初戦でアルゼンチンに負けるわ、当の日本といえばやる気あるのかわからん、あわや100点ゲームまであと一歩という、無様な試合。

まあ、いかんせん、サッカーが全世界的なスポーツなのに比べ、ラグビーは強弱地図に異様にかたよりがあるのも事実。
南半球と北半球の「旧5カ国」が突出し、それ以外の差がすさまじく開いている。
それでも野球……無理無理開催したWBCに比べれば、まだなんとか「W杯」という世界大会が成立するような国数はそろいます。

で、日本。
今回オーストラリア、フィジー、ウェールズという、強豪がずらりと並ぶプールに入ってしまったという組み分けの悪さ。
いや、どこに入っても同じだったか。
監督カーワンはそれこそ第1回ラグビーW杯のトライ王。
19歳という若さで鮮烈なデビューを飾ったあのパワーは今も脳裏に焼きついています。
だからこそ、そんな輝かしいキャリアを誇る彼を監督に迎えた以上、無様なことはしてほしくなかったんですが……。

なんか日本の習性ですかね。
ジーコとかカーワンとか、名だたるキャリアの人間を呼んでは、選手が無様というのは。

今日のオーストラリア戦も、こりゃ進化どころか退化しておるがな……。
テクニックとか体格差以前の、もっと根本的な問題な気がします。
それこそオシムの言っている、日本人のメンタリティ。
根源は同じかと。

前回のW杯で作ったギネスものの大敗記録を塗り替えるようなことになろうものなら、なんかもう世界から相手にされなくなるような、そんな危惧さえ抱きます。

で、フランス。
スコア的には僅差な負け。
でもまあ、何のかんのハラハラさせられつつも、最後はつじつま合わせてくるのがフランス流。
今回も出だし躓いたものの、内容は悪くなかったようですし。

ただフランスもね。
あの「シャンパンラグビー」的、個性溢れる魅力的なラグビーと、今のスタイルはちょっと違うような気がして……。
いまひとつ「??」という感を抱きながら見ているのも事実です。

気になるのは元フランス代表で、フランス監督も務めたベルビジェが、今イタリアの監督をやっていること。
ベルビジェは大好きだった選手の一人。
彼の率いるイタリアがどこまで食い込んでくるか。
これも今大会の注目の1つなのです、実は(^_^;)
[PR]

by kababon_s | 2007-09-09 02:59 | Sports

オジェック就任と初戦・横浜FC

浦和をアジア王者に=オジェック新監督が就任会見

というわけで、オジェック再来。
正式にお目見えです。
すこし痩せられましたか? もう少しがっしりした体だったかな?と思ったのですが。

アレックスがいなくなり、いずれドイツに行ってしまうであろうトゥーリオ。
しかし阿部の加入、となかなか来期も目が放せません。
何よりアジア王者を狙うのですから。
そのためのオジェックであります。

栄枯盛衰の激しいJリーグ。
かつて覇権を争っていたあのチームやこのチームの入れ替え、若返り策、低迷などを思うにつけ。
常に挑戦し、上をひたすら目指し続けることがどれだけ大変かを改めて思います。

でも、レッズはきっとやってくれる!
信じてるぞ!

Jリーグ、今季日程を発表 開幕日に浦和-横浜FCが対戦

そしてその大事な来シーズン。
初戦があの横浜FCです。
カズ、J復帰という話題のあのチームと、今最も充実しているJチーム・レッズ。
あえてぶつけたね??
ったく。

まあでも、話題になるのはいいことです。
期待。
頑張れレッズ!
[PR]

by kababon_s | 2007-01-25 23:58 | Sports

悲願達成;浦和はもっと強くなる

<J1>浦和が悲願の初優勝 ガ大阪に3―2で逆転勝ち

どん底を知るチームでした。
J黎明期、最下位からスタート。
「お荷物」といわれ、補強も上手く行かずオジェックを迎えてすこし灯りが見えたかと思いきや。
1999.11.27の「世界一悲しいゴール」をもってしてのJ2落ち。
1年で這い上がり、それから6年。
とうとう掴んだリーグ優勝です……感涙!

ナビスコで優勝したときも嬉しかったけれど、やはりリーグ優勝は重みが違う。
スタジアムに行けども行けども負け試合だったあの頃の記憶が頭をよぎります。

「レッズはまだまだ強くなる」

この優勝はやはり「通過点」。
まだまだ強くなれる、ダントツブッチギリで優勝できる力はまだまだ絶対にあるはず。

勇退するギド。
初めての監督采配ということで、多分いろいろあったようですが、でもやはり、この時期に、あの「ギド」を迎え、優勝したという重みは大きいし、ギドだったからまとめられたこともあったろうと。思います
感謝。
天皇杯にも勝って、気持ちよく送り出してあげたいところです。

レッズはJの歴史とドラマをつくるチームです。
ホーム22連勝というおまけ付きの優勝は、J黎明期に掲げられた理念の体現そのものです。
どん底を経験しての優勝だからこそ、一層重みと価値があります。

もっと強くなれ!
そして、次はアジアへ!
[PR]

by kababon_s | 2006-12-02 23:50 | Sports

W杯:今年のヒットはガットゥーゾ!

気が付いたらW杯が終わっていました。
なんか最後は仕事だ何だでばたばた…。

とにかく予想という予想が良くも悪くも裏切られた大会(^_^;)
フランスだめだ、と思ってたら決勝まで行くし。
ジダンはあんなとこで退場になるなんて思わないし。

でも私的今回の大ヒットはイタリアのガットゥーゾ!
ウクライナの西スラブ的なきれいさもよかったんですが。
プレイスタイルやにじみ出るキャラクター、見てくれ含めてトータルナンバーワンはやっぱりガットゥーゾ!
芝草食おうがパンツで踊ろうが。
いいよ、あの濃さ。
奥深い人ですね。
楽しすぎます。

決勝トーナメントは気が付けばガットゥーゾを追っかけていたようなもの。
なんだか欧州サッカーにまた楽しみが増えました。
[PR]

by kababon_s | 2006-07-11 16:22 | Sports

次はオシム:正式発表までを見守りたく思いますが……

川淵キャプテン「言っちゃった」次はオシムジャパンだ!

「世紀の大失言」ともとれる記者会見です。
これであのオシム氏が快く引き受けてくれるのか……?
TV用に切り取られた会見内容を見ただけなのですが、けっこう人を小ばかにしたような雰囲気が取れなくもないような内容だっただけに、ちょっと疑問が残ります。
「あのジェフをココまで引き上げた」手腕はともかく、イヌサポさん達は内心複雑な心境なのではないでしょうか……?
私自身、「Jのお荷物」といわれJ2落ちして這い上がってきたチームのサポなだけに、なんとなく心中お察しするような気分ではあります。

とにかく瞬間湯沸かし器の如くワッと騒ぎ立てるのが日本のマスコミというか、日本人気質。
あの「失言」(?)が多分に礼を欠いたもの、という見方もできるだけに、正式発表までどうなるかわからんな、という印象です。

ただオシム氏自身に関して言えば、私的には結構好きです。
てーか、敵ながらあっぱれ、というか、してやられている部分も相当ありましたゆえに(^_^;)
率直に言えば、歓迎です。

ただ。
「日本人に欠けているものを叩き込んでくれる」
そのスピリットの源は何かと考えると。
どうしたって旧ユーゴスラヴィアの激動の歴史を思い出さずにはいられません。
有名な「オシム語録」を読んでもその片鱗は随所に出てきます。
デリケートです。
確たる個と信念を持って「生き抜いてきた」オシム氏のような人をジェフに招きいれるために、きっとジェフのスタッフやイヌサポさんたちは、すごく慎重に真剣に、いわば「信頼関係」を築き上げてきたのかなぁ……とも思います。

そうしたいわば「信頼関係」はある意味クラブサポ、クラブレベルでなら確たる絆として築き上げていくことができますが。
日本代表となると話はまた別次元です。
果たしてあの「失言」の流れでどうなるのか。
正式発表が待たれるところです。
[PR]

by kababon_s | 2006-06-25 15:32 | Sports

本当に惜しい方を失いました…

<宿沢広朗さん>元ラグビー日本代表監督の葬儀に多数参列

<訃報>宿沢広朗さん55歳=三井住友銀行専務執行役員

遅ればせながら。
早すぎました。
ニュースを見たときは目を疑いました。

89年スコットランド戦初勝利。
震撼しました。
ワールドカップ、ジンバブエ戦初勝利。
しかしその後の低迷…。

体育会系筋肉脳みその人々が多い中、インテリジェンスがとても際立っている人で、こういう人が将来協会の然るべき地位についてくれたら、日本ラグビーも世界に対抗しうるものになるんじゃないかと、とても期待していただけに。

残念でなりません。
本当に…悔やまれます。

心よりご冥福、お祈りします。
[PR]

by kababon_s | 2006-06-22 21:19 | Sports